仮想デスクトップとはなんなのか

仮想デスクトップは便利だと分かっていてもなかなか導入できない企業も多いようです。仮想デスクトップは簡単にいえば1つのOS上で複数のOSを動かす技術であり、PCやサーバの効率的な稼働もしくはスペースや電力の削減に繋がる技術です。しかし、従来のCPUではなかなかパフォーマンスがでなかったこともあり、普及しなかったとも言われていますが、CPUで仮想化支援機能が搭載されたことで一気に普及してきています。PC向けでは開発環境などでよく利用されていますが、サーバでの運用では従来よりもパフォーマンスの良いレンタルサーバやパーソナルクラウドなど利用範囲が広がってきています。また、パフォーマンスが上がっていることから台数が削減でき、コスト面でも有利になっています。

仮想デスクトップの実現方法について

仮想デスクトップの実現方法については主に2つの方式があります。1つはOSから仮想化専用で作り、その上で仮想デスクトップをたくさん動かす方式です。この方式は特に企業での利用が多くなっており、従来のリモートデスクトップ方式に比べて格段にパフォーマンスが高いのが特徴です。また、GPUを配分することもできるようになったことで3DCG分野での利用も進んできています。2つめは既存のOS上で実現する方法です。専用のアプリケーションを立ち上げてOSを稼働させる方式です。パフォーマンスはOSから仮想化するのに対して落ちますが、それでもCPUの仮想化支援機能があれば十分稼働できると期待されています。パーソナルユースで気軽に使えるのがメリットとなっており、広い分野で採用されています。

仮想デスクトップの実現によるコスト削減

仮想デスクトップを利用することで大幅なコスト削減が可能となっています。最も削減できる部分としてはスペースと電力があります。これまでは1つのOSに一台のサーバーやデスクトップPCが配分されてきたことで使用率を高めることがとても難しかったと言われています。しかし、1台で複数の仮想デスクトップを運用できれば使用率が上がり、利用する台数も減らすことができます。中には高密度サーバーも導入して一気にスペースと電力を大幅に削減しようと考える企業も多くなっています。利用率については使えるアプリケーションが増えることでさらに上がってきており、企業にとってはサーバーやデスクトップPCの稼働率向上と電力消費量の削減が同時に実現できるとあって導入を急ぐ企業も増えてきています。

地下鉄千代田線二重橋前から歩いて3分です。 仮想環境のワークロードを自動最適化するストレージ。 仮想化専用だから、面倒なサイジング、構築運用、パフォーマンスのチューニングは一切不要。 仮想マシン単位での可視化、制御、洞察、即時適応をストレージのコンソールで管理できます。 SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 仮想デスクトップをご検討されるならこちらをチェック!